« 肋骨ガイタイ…その② | トップページ | イタミケイゲン(^O^) »

2015年5月 4日 (月)

肋骨ガイタイ…その③

1軒目の病院にて、レントゲンを撮り、
  治療法はシップや鎮痛剤を飲むくらいで、他には特にないと言われ…。
 骨は折れていないという安心感だけで
   満足して帰ってきてしまいましたが、
     痛みが増してくるのを感じ…。

ネットで見ると、かなり診断が難しい部位で、名医がいないと書かれていました。
 レントゲンではっきり写っていなくても骨折していることもある、肋軟骨骨折など…。そこに書いてある症状が あまりにも当てはまるので、
       数日のうちに セカンドオピニオンへ。

そこではレントゲンは取らずに、症状を伝えました。
 やはり、治療法はこれといってないので、痛みが治まるまで シップや鎮痛剤内服で対応するしかないと。2~3週間かかると言われました。

ここまでの1軒目、2軒目の病院で 不思議に思ったこと。
  どちらの医者も、 痛い部位を 触って確認しないんですね。ビックリ
   最初は たまたまかと思っていたのですが、 2軒も続くと、
    そうか、
     「痛いところはどこですか?この辺?」
      『そうそう、アイタタタ…。先生触ったら余計痛くなっちゃったよ
        こんなことで訴えられないように、診察方法変わったのかもですね

で、結局改善方法も教えてもらないまま、仕方なく 仕事も行っていたのですが、
  やっぱり、悪化していくんですよね、痛みが。

ん~~~

 すると、たまたま相談した看護師の先輩が、かなり信頼できる接骨院があると
   教えて下さいました。

 もう、仕事帰りに即行で サードオピニオンへ

 ここで、初めて、
  「え~~~、今まで2つも病院行ったのに、何にもしてもらえなかったのぉ?」

     えっ?  こっちが え~~~? です、先生…

ということで、

 初めて 肋骨用のコルセット(バンドというのでしょうか)を巻いていただき、
    肋骨部、2週間安静!!と 言われちゃいました。

えっとですね、私 某先生発表会の時、腰痛用のコルセットを巻いて 歌ってみたんですが、
  何も付けないよりは良かったんですね。 なるほどと思って以降使用していたのですが、

    その先生曰く、腰用のコルセットは まったく違う硬さですから、ダメですね。と。
       …腰用コルセットに数日助けられて仕事していたとは
                     言い出せませんでした(^_^;))))))


以降、
  大の苦手な湿布を 真面目に貼りながら(患者さんに貼るのも、実は苦手です)、
    毎日、肋骨ベルトを着用し 過ごしております。

 とあるライブの日、お客様が 私が一瞬マイクスタンド運ぶの
    しんどそうにしたのが見えてしまったらしく、
「はい、これ痛いんでしょう?」と、
 シップの王様とも言われている “モーラステープ”を下さいました。
   すごい、伊達男だと、感動してしまいました。  

そんなこんなで、色々な湿布を体験し
    少々…勲章のような、湿布かぶれが出来ておりますが
            でも、くしゃみがちょっと できるようになりました 

 

« 肋骨ガイタイ…その② | トップページ | イタミケイゲン(^O^) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 肋骨ガイタイ…その② | トップページ | イタミケイゲン(^O^) »